彼氏を振ったのに後悔する理由は?自分から振った元彼と復縁する方法

 

「彼氏を振ったことを後悔してる」

「なんで別れたんだろう。今さらやり直したいなんて言えない」

 

元彼と別れを決めたのが自分で、振ったことを後悔しているとしたら、辛いですよね。

 

なんで別れようなんて思ったんだろうと、後悔してるはず。

本音を言えばやり直したい。

できることなら復縁したい、と思っていませんか。

 

あなたから振った元彼との復縁は、もちろん可能です。

 

でも、いくら振った側とはいえ、元彼の今の気持ちを考えないとそれは難しいこと。

元彼を傷つけてしまったのだから。

 

振った元彼と復縁するなら、まずは自分の気持ちの整理しておきましょう。

その方が、復縁に迷いがなくなり、あなたの気持ちが届きやすくなりますよ。

 

今回は、彼氏を振った後悔の理由と、そこから復縁する方法をお話ししていきます。

振ってしまった辛さに落ち込まず、前向きな気持ちで読み進めください。

 

彼氏を振った後悔の理由を、元彼と別れたきっかけから考えてみる

 

彼氏を振った後悔の理由をしっかりと考えてみましょう。

自分に落とし込むことで、元彼へどう接すればいいのかが分かってきます。

 

まずは、あなたの状況と立場を考えましょう。

 

自分は振った側であり彼が振られた側。

というのが事実であり今の2人の立場です。

 

当たり前のことではありますが、これを認識することが大切。

あなたの後悔がどこからきているのかを探ってみてください。

 

些細なことで衝動的に別れを告げた後悔

 

ケンカをした時の勢いで別れを告げてしまうこともあります。

「もういい、別れる!」と感情のままに。

 

その時はカっとなって、思わず口に出てしまったはず。

あれは本気じゃなかった…と自分の行動を後悔することも。

 

元彼も、思わず勢いで別れを受け入れたのかもしれませんね。

 

ただ、売り言葉に買い言葉は厄介だったりします。

「本気じゃなかった」でおさまりそうですが、必ずしもそうとは限らない。

 

思わず口に出た言葉は、実は心のどこかで思ってた本音だったりするから。

 

普段の不満が積み重なって爆発した可能性も。

心のどこかで不満があったのかもしれません。

 

復縁の行動を始める前に、しっかりと自分の気持ちを確かめておきましょう。

 

女性の一時的な感情で別れを決めた後悔

 

女性は感情に左右されることが多いですよね。

感情や感覚で、何となくという行動をすることも。

 

そんな曖昧な気持ちは女性の魅力でもあります。

でも、時として判断を間違えることもありますよね。

 

恋愛においては、その曖昧さで彼を傷つけてしまうこともあるんです。

 

元彼に何となく不満があった。

何となく一緒にいることが嫌になっていた。

何となく・・・別れようと思った。

 

そこに明確な理由がない場合、それを言われた男は戸惑います。

 

女性の何となくは、男性には理解できませんから。

元彼には、別れた理由が今でも分からないかもしれません。

 

元彼はただ自分を拒絶されたと思い、傷を残しているかも。

 

振ったことを後悔してるなら、明確な理由をはっきりしておきましょう。

そうでないと、復縁できたとしても同じことを繰返してしまいます。

 

マンネリ化への不満から別れを決めた後悔

 

元彼と一緒にいることが当たり前になり、そこに不満をもっていませんでしたか。

日常のマンネリ化が耐えられなくなって別れを決めた。

 

その場合、後からその大切さに気づいたら大きな後悔がきますよね。

 

付き合い始めた頃の新鮮さがなくなってしまったのでしょう。

でも、マンネリ化には良し悪しがあります。

 

良く言えば、落ち着いた安定した関係。

悪く言えば、成長がないドキドキしない関係。

 

もしかしたら、マンネリは良くないとネガティブに思いこんでいたのかも。

あなたが決めつけていたことなのかもしれません。

 

復縁をしたいのなら、復縁した後も日常をマンネリ化させない努力が必要です。

 

他の男性と比べて元彼の良さを知った後悔

 

元彼と別れてから、他の男性と接していると元彼を比べてしまいますよね。

その時、元彼が客観的にみえてくると思います。

 

あなたが当たり前に思ってた元彼の優しさが、他の男性には当たり前ではなかったり。

 

他の男性に接することで、元彼の人間性や価値観を深く感じたのではないですか?

気づけば元彼の居心地の良さが懐かしくなったりして。

 

失って初めて、自分の持っていたものの大きさを知る。

それって切なくて辛いものです。

 

でも、だからと言って、これで復縁できないわけではありません。

大丈夫、まだ諦める必要なんてないんです。

 

大切だと気づいてのであれば、復縁へ向けて頑張ってみましょう。

 

【※諦めないで!絶望からでも復縁できる】

冷めて振られた元彼に「もう一度やり直して欲しい」と言わせることができた方法

 

彼氏を振った後悔から元彼と復縁するには本当の気持ちと時間が必要

 

彼氏を振ったことを後悔しているのなら、復縁を目指すのもありです。

振った側なのだから、復縁しやすいのは確かです。

 

でも、実はそうでない場合も。

復縁するには、元彼が持ってるあなたへの警戒心をなくす必要があります。

 

それには、本気の謝罪と回復の時間が必要です。

 

まずは謝罪して復縁したい気持ちを伝える。真剣に素直に本気で!

 

時間の流れが人の嫌な思い出を癒してくれますよね。

それと同じように、男女の亀裂を埋めるにも時間が掛かります。

 

元彼が、あなたに警戒心をもったまま時間が過ぎてしまうかもしれません。

なので、可能であれば元彼に今のあなたの気持ちを伝えましょう。

 

彼を傷つけてしまったこと。

離れてから彼の存在の大きさを知ったこと。

別れたことを後悔していること。

 

そして、もう一度やり直したいということ。

真剣に素直に本気で伝えるんです。

 

ただ、その時に元彼が受け入れてくれるとは限りません。

まだあなたへの気持ちが拒否しているかもしれませんから。

 

あなたへの信頼を回復するには、時間が必要なんです。

 

失った信頼を埋めるのは時間。その間にあなたがやるべきこと。

 

元彼に気持ちを真っすぐに伝えたら、その後は時間を掛けて信頼を回復させましょう。

新たに関係を築くことで復縁へと繋げます。

 

元彼は復縁する気がなかったとしたら、あなたの告白に驚いているはず。

 

もしかしたら「今さら?」と憤っているかもしれません。

もしくはあなたへの気持ちが、すっかりと冷めているの可能性もあります。

 

それなら尚更、時間が必要です。

時間は元彼の気持ちを落ち着かせてくれますから。

 

それに、あなたの気持ちを聞いたあとなら、あなたのことを考えるようになるはず。

 

怒りはずっと続きませんから。

元彼の気持ちが落ち着いてきたら、負の印象もリセットされることも。

 

その間、あなたはただ待つだけでは復縁はできません。

自分を成長させる努力をすることをおすすめします。

 

別れの原因を見つめ直して改善し、それをあなたの良さに変えていく。

元彼に「前よりキレイになった」と思わせるように女を磨く。

新しいことを始めて、こんな面もあったんだと元彼に新鮮さを感じてもらう。

 

これらは、もちろん復縁するために行うこと。

でも、結果としてあなた自身を魅力的にすることに繋がりますよね。

 

だから元彼のためだけではなく、頑張った努力は全てあなたに返ってくるはずです。

 

あなた自身が復縁までのプロセスを楽しんでください。

女性としても人としても魅了的になって、元彼にもう一度惚れ直させましょう!

 

【※男の本音を知れば、彼と復縁できる】

別れた元カレを追いかけさせ、彼の一番になれる『本命復縁術』

 

まとめ

 

彼氏を振った後悔は辛いものです。

なんで別れようと思ったんだろうと、行き場のない後悔をするばかり。

 

でも元彼を傷つけてしまったことを忘れてはいけませんよね。

それをきちんと謝って、その先に復縁があります。

 

気持ちを整理し、謝罪し、彼のあなたへの信頼を回復させましょう。

彼を好きだと気づいたのなら、諦めないでください。

 

大丈夫。

あなたの思いは彼にきっと届きます。

 

あなたの復縁がうまくいくことを心から願っています!

 

また、こちらの記事では、『男がどういう女性を本命に選ぶのか』、その男の本音を余すことなくお話しています。

リアルな男の本音を知ることで、

・好きかどうかわからない
・俺といても幸せになれない
・仕事や勉強に集中したい
・他に好きな人ができた
・友達に戻りたい

このように言ってきた彼でも、復縁することができます。

 

しかも、ただの復縁ではありません。

彼に求められて復縁できるので、復縁した後も愛される本物の復縁です。

 

今、あなたが「やっぱり元彼が好き。彼と復縁したい」と思っているのであれば、ぜひ復縁にお役立てください。

彼に求められる本物の復縁とは?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です