元彼に復縁したいと思わせるLINEの送り方!連絡のきっかけや内容は?

美月
『元カレ復縁のすべて』の美月です。

「彼以上に居心地がいい人はいない。やっぱり大好き。」

そこまで好きになれたなら、自分の気持ちを信じて復縁を目指してみてください!

 

彼が復縁したくなるような女になってやるのです。

私が突然別れを切り出された彼と復縁した方法もお話していますので、参考にしてみてください。

【復縁体験談】元彼と復縁するまでに行ったこと

 

「別れてしまった彼と復縁したいけど、どんなLINEを送れば元彼に復縁したいと思わせることができるんだろう。」

 

元彼との復縁には、どうしても欠かせないLINEのやり取り。

付き合っていた頃は気軽に送っていたけれど、やっぱり復縁となると、LINEを送るのでも勇気がいるものですよね。

 

「元彼にLINEを送って迷惑じゃないかな、冷たい返信が返ってきたら嫌だな…」

このように悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

どうせLINEを送るなら、やっぱりいい印象を持ってもらいたいし、復縁したいと思わせることができたらいいですよね。

そういうわけで、復縁したい元彼の気を引くLINEの送り方を徹底解説していきます。

 

しかも、今回はそれだけではありません。

元彼に復縁したいと思わせるLINEから実際に復縁に繋げていくまでの流れまでお話していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

元彼に復縁したいと思わせるLINEを完全解説!きっかけや内容は?

 

元彼との復縁するためには、LINEでのやりとりが欠かせないことは言うまでもありません。

ただ、その前に元彼と復縁したい人に理解しておいてほしいことが1つ。

 

それは、LINEはあくまでも連絡手段であるということ。

大前提として、これは理解しておいてください。

 

そもそも、LINEだけで人の心を動かすのは簡単ではありません。

気軽に連絡が取れるとは言っても、やっぱり、「テキスト」ですからね。

 

「会ってみようかな」と彼が思うきっかけを作るのはLINEかもしれませんが、復縁したいと思わせるのは再会した後のあなたの行動なのです。

なので、LINEは元彼との電話や再会など、次に繋げるための手段として捉えておきましょう。

 

もちろん、メッセージを適当に送るのはNG。

適当に送られてきたメッセージでは、元彼の方も「何のために連絡してきたんだ」と思いますからね。

 

また、彼の都合を全く考えていない連絡ももってのほか。

復縁で大切なのは、あくまでも彼の気持ちです。

 

彼の気持ちが付いてきていない状態で、あなただけが盛り上がってメッセージをたくさん送っても、彼には迷惑なだけでしょう。

彼が負担に思わない程度の文量、頻度に抑えることを心がけてみてください。

 

それでは、どのようにして元彼に復縁したいと思わせるのか?

以下のような流れをぜひ参考にしてみてください。

 

元彼に復縁したいと思わせるLINEは「下準備」が大事

 

まず、LINEを送る大前提として、あなた自身の魅力を高めておく必要があります。

いくらLINEで素敵なメッセージを送ったとしても、あなたの魅力がアップしていないと、再会しても復縁したいとは思ってもらえませんからね。

 

あなたの最終的な目標は元彼と復縁すること。

LINEを送ることが目標ではありません。

 

なので、付き合っていた頃とよりも、もっと女性としての魅力を身につけておくことをおすすめします。

そう、再会した時に彼に別れたことを後悔させてやるんです。

 

「あれ、なんかすごい綺麗になってる?しかも、別れてからの方がなんかイキイキしてるし、ちょっと気になるなあ。」

 

彼にこう思わせてやりましょう。

そもそも、男性は過去の女性に名前をつけて保存してくれているので、女性からの復縁ってかなりよくあることなんです。

 

そのパターンのほとんどがこれ。

つまり、別れた元カノが付き合っていた時よりもいい女になっていたのをみて、彼が後悔して復縁に繋がっていくんですよね。

 

だから、彼と復縁したいのであれば、再会した時に彼をアッと驚かせれるようにしておくのです。

それが、「自分磨き」という名の下準備。

 

外見を磨く、内面を磨く、出会いを増やす、心に余裕を持つなどできることは山ほどありますからね。

 

人はやっぱり第一印象が大切。

LINEを送る前の自分磨きの時間に外見を磨いて、あなたの印象をガラッと変えてみてもいいかもしれません。

 

例えば、これまでとは違った髪型やファッションにして、垢抜けるのもアリ。

メイクや持っているアイテムを変えてみるだけでも、あなたの印象は大きく変わります。

 

また、もし体重などが気になるなら、無理のない範囲でダイエットや軽い運動を取り入れてみるのも良いですね。

スキンケア、ヘアケアによって、自分に更に自信をつけてみて。

 

その人の心の状態というのは、外見にも表れるもの。

逆に、外見が明るくなると、それがあなたの心にも良い影響を与えて、前向きな気持ちになるはずです。

 

その他にも、ボランティア活動や人助けに積極的に取り組んで、人望を集めることも良いですね。

誰だって、人望があって輝いている人に惹かれるものですから。

 

そして、行動していると、自然にあなたの自信にもつながって、心に余裕が生まれて人にも優しくなれるんです。

これまでに取り組んでいないジャンルの勉強をしてみたり、資格取得やスポーツを始めたりするのもOK。

 

新しいことに取り組むと、あなたの気持ちも前向きになれますから。

彼のことばかり考えて落ち込む日々を過ごすのではなく、彼と復縁するために前を向くのです。

 

大事なのは、自分のために時間を使ってあげて、自分を好きになること。

自分を好きな女性ってやっぱり笑顔も多くて、輝いて見えますからね。

 

元彼と再会した時に、「なんかすごい変わったな。笑顔も多いし、イキイキしてていいな」と思わせてやりましょう。

 

また、「元彼しかいない」と思うのも素敵ですが、新しい人との出会いもぜひ楽しんでみてください。

他にも魅力的な男の人っているんだってことが分かれば、あなたの気持ちにも余裕が生まれてきます。

 

その人たちとの出会いを楽しんだ上で、元彼が好きなら、それはそれでいいんです。

「ああ、やっぱり大好きだ」と自分の気持ちに素直になって、復縁を目指していきましょう。

 

【※諦めないで!絶望からでも復縁できる】

冷めて振られた元彼に「もう一度やり直して欲しい」と言わせることができた方法

 

LINEのきっかけは彼の誕生日や軽い相談という口実で

 

冷却期間を半年ほど置いて、自分磨きの成果も出てきたら、久しぶりに軽い感じで連絡を入れてみましょう。

LINEの口実は、彼の誕生日や軽い相談という感じでOK。

 

先ほどもお伝えしたように、復縁で大事なのは元彼の気持ちなので、勢い余って送りすぎたりしないように気をつけてください。

内容は重たくならないように、明るく友達のようなスタンスがおすすめ。

 

復縁に繋げたいのは分かりますが、あくまでもLINEは手段の一つですから、ここでの焦りは禁物ですよ。

最初の連絡はあくまで、彼のテンションがどのようなものなのかを図るモノサシです。

 

彼の返信が好感触なのか、それともそっけないのかに合わせて、行動を変えていきましょう。

 

返信が好感触なら電話へ繋げよう、そっけないならもう一度距離を!

 

彼に連絡を入れてみて、その返信が早かったり、あなたに何か質問してきたり、会話が盛り上がる。

このように、彼からの返信が好感触であれば、徐々に距離を縮めて電話へステップアップしてみてください。

 

内容が好感触ということは、元彼の方もあなたにいい印象を抱いている可能性が高いので、踏み込んで大丈夫なのです。

LINEでの文面よりも、電話の方が元彼の気持ちも分かりやすいので、ご飯に誘う前に電話をするのがベター。

 

彼の話もしっかり聞けるし、気持ちもわかりやすいし、盛り上がった時に誘いやすい。

そういう意味でも、100回のLINEよりも1回の電話ですよ。

 

逆に、最初のLINEへの返信がそっけない感じであれば、無理してLINEを続けるのは禁物。

元彼にも元彼のタイミングや事情があるので、まだ彼と接触する時期ではなさそうです。

 

もう一度距離を置いてみて、3ヶ月後くらいにもう一度メッセージを送ってみるといいでしょう。

 

電話で盛り上がった時にご飯に誘ってみよう

 

電話で会話が盛り上がったり、彼からの好意が感じられる場合は、ごはんに誘ってみても良いですね。

直接話しているので、相手の気持ちが読み取りやすく、ごはんにも誘いやすいでしょう。

 

やっぱり、復縁するためには会って直接会わなければなりません。

それに、自分磨きで綺麗になった外見やイキイキした姿を見せる再会こそが本番です。

 

この再会で、磨いてきたあなたの魅力を最大限に見せつけてやりましょう。

もちろん、最初の再会で盛り上がったからと言って、いきなり復縁を切り出したりしないようにご注意を。

 

あまりにも復縁の匂いを出し過ぎると、彼に警戒されてしまって復縁には至らないかもしれませんからね。

 

元彼との再会後も決して焦らず!彼に合わせてLINEを送って好意を出していこう

 

元彼と再会して、会話も盛り上がって、復縁目前。

仮にそう感じたとしても、決して焦らないでください。

 

先ほどもお話したように、焦って距離を縮めすぎると、元彼が逃げてしまうおそれがありますからね。

あなたの「好き」という気持ちは、相手に合わせて徐々に出していくようにしてください。

 

元彼の気持ちも伺いつつ、元彼が「俺のこと好きなのかな」とドキドキするくらいの距離に縮めていきましょう。

やっぱり男性って手に入るのかどうかという状況で燃える人が少なくありませからね。

 

別れてからすごく綺麗になって、イキイキしている元彼と再会することができた。

そこで彼を安心させるのではなく、ここで逃したらもったいないと思わせる振る舞いをしてみてください。

 

自分の気持ちに正直になって、しっかり自分を磨いてきたのだから、大丈夫。

それに、最初の再会で彼の興味を引くことができれば、あとはトントン拍子に進むものです。

 

なので、そこに全力を注ぎましょう。

彼だって確信がないと復縁を切り出してきませんから、自分からも好意をほのめかして、お互いの気持ちを高め合ってみてください。

 

「やっぱりもう一度やり直して欲しい」

 

そう彼に言わせてやりましょう。

 

元彼に復縁したいと思わせるLINEを続けるコツとは?

 

元彼に復縁したいと思わせるLINEのコツは、その内容に気を配ることが大切です。

付き合っていた頃のように考えていたらダメ!

 

LINEを送るのは、何かしら理由があって上手くいかずに別れた相手ですよね。

だから、自分はもう彼女じゃないんだということを、しっかりと自覚しておくべき。

 

そのことをちゃんと意識しないと、元彼とのLINEは途中で途切れてしまう可能性がもあります。

 

元彼の気持ちを想像して、彼が楽しいと思うような内容を意識するようにしてみましょう!

 

自分の近況は明るく報告する

 

あなたの今の状況を伝えたり、最近どんなことがあったなど、近況を話すこともありますよね。

そんな時は、できるだけ明るく感じの内容になるように意識しましょう!

 

不思議なことに、同じ内容でも文字でみると直接話すよりも暗く感じますよね。

それは、直接話す時は相手の声の温度や雰囲気が分かるから。

 

電話はもちろん、会って話したらあなたの表情や雰囲気も伝わるので、多少内容が暗くてもそう感じなくさせることができます。

 

でも、LINEのように文章では、送った人がどんな表情なんて分からないですよね。

だから受け手は文字の雰囲気から、勝手に想像してしまうものなんです。

 

これを防ぐにはあなたが思っている以上に明るめに文章を書くことをオススメします。

 

過去の2人の話は重くならないように利用する

 

LINEをやり取りする中で、過去にまったく触れずに話すことは難しいかもしれません。

2人が付き合っていたときの話をしないというのは、無理なこと。

 

だから、不自然に過去の話を避けるよりは、サラッと軽く出してしまってもいいと思います。

「そういえばあの時〜」なんて過去の話をしても、絵文字や装飾を使って明るさを出すことがオススメです。

 

もちろん過去の話はサラッと出すだけにして、決して深堀りはしないこと!

 

「なんであの時あんなこと言ったの?」

なんて彼の気持ちを探るようなことは、復縁する前に言ってはダメですよ。

 

連絡の頻度は彼に合わせる

 

元彼に復縁したいと思わせるには、彼の気持ちに負担になることは避けましょう。

たとえばLINEの頻度です。

 

そもそも男性は、LINEをただの連絡ツールとして使うだけという人も多く、長時間のやり取りや毎日の他愛のないLINEは好まないのです。

 

もちろん好きな彼女ならそこは気持ちが切り替わりますが、それ以外の相手は別。

 

「面倒だな」と思わせたら、既読スルーになる可能性もありますよ。

だから、彼の返信のタイミングに合わせて、あなたから送る頻度に注意しましょう!

 

彼女面しないで友達としての距離感を保つ

 

元彼とのLINEのやり取りに慣れてきたとき、注意した方がいいことがあります。

それは、彼女面して彼の気持ちにズカズカと入っていかないこと。

 

お互いの過去を知っているので、距離が縮まってきたら居心地の良さを感じることもあるはず。

でもその時についやってしまうのは、彼女だったときのように彼の心に入り過ぎてしまうこと。

 

「きっと彼はこうして欲しいはず」

そんな風に思って、彼が望んでいないのに距離を縮めるのは、あなたの独りよがりの可能性もあるので要注意です!

 

これは難しい距離感だと思いますが、Bestなのは「良き理解者のいい女お友達」という関係です。

 

付き合っている彼女に言われたら嬉しいことも、そうではない女性に知ったようなことを言われたくないですよね。

元彼は引いてしまい、不快に思うかもしれません。

 

質問を上手くして彼から本音トークをひっぱり出す

 

彼とに踏み込んだ話をしてもいいのかを迷ったら、少しずつ距離を縮めることを意識してみてくださいね。

 

先程は彼女面して彼の心にズカズカと入りこまないこと、とお伝えしました。

でもずっとその距離を取り過ぎていると、いつまでたっても進展しませんよね。

 

そんな時は、元彼に少しずつ質問をして彼の返答から本音をひっぱりだすといいですよ。

 

男性はあまり弱音や愚痴を人前では言いません。

自分から弱気なことを言いませんし、ましてや女性に愚痴るなんてかっこ悪いと思っていることもあります。

 

でも、あなたが彼のそんな弱い部分を引き出して、あなたが受け入れてあげたとしら彼はどう思うでしょうか?

 

「やっぱり彼女と話すと安心する」と思ってくれるかもしれませんよね。

あなたを好きだった頃の記憶が、蘇るかも。

 

だから彼のメッセージから何か落ち込んでいたり、気持ちが弱っている感じを受けたら、ちゃんとそれを救ってあげてください。

 

「元気ないね。大丈夫?何かあった?」

そんな一言をかけてあげるだけで、元彼は安心してあなたに本音を話すかもしれませんよね。

 

これは、元彼とのLINEのやり取りができるようになったらオススメです。

こうやって元彼にとってあなたにが、本音を話せる女性であり、自分を受け止めてくれる女性になることが大切なこと。

 

元彼の中のあなたの印象がグッと変わるはず。

友達から恋愛対象に変わったら、復縁が近づいているはずです。

 

まとめ

 

復縁したいと思わせるLINEの送り方とは、果たしてどのようなものか?

結論から言えば、LINEはあくまで連絡手段に過ぎず、LINEだけで元彼の気持ちを動かすのは簡単なことではありません。

 

一番おすすめなのは、LINEをきっかけに再会に繋げて、そこで彼を後悔させること。

 

「別れてからすごい可愛くなってる。しかも、イキイキしててなんか楽しそうだな」

 

このように、思わせることができれば興味を持ってもらえるはず。

そのためにも、まずは冷却期間を置いて、その間に自分を磨くこと。

 

外見、内面を磨いて自分に自信が持てるようになったら、LINEを送って距離を縮めて、電話や再会に持っていってください。

もちろん、一気に距離を縮めるのではなく、あくまで彼のペースに合わせて。

 

最初の再会で変わった姿を見せることができれば、興味を持ってもらえるはず。

それさえできれば、あとはトントン拍子なので、彼に合わせて好意を出していき、気持ちを高め合ってください。

 

元彼のことが忘れられない。やっぱり彼がいい。

いいんです、それで。

そんな簡単に好きという気持ちはなくなるものではありません。

 

自分の気持ちがはっきりわかっているわけですから、開き直って元彼に復縁したいと思わせてやりましょう。

あなたの復縁がうまくいくことを心から願っています!

 

また、こちらの記事では、突然別れを切り出された元彼と復縁するまでに行ったことをすべてお話しています。

大好きな元彼に振られた時は、正直、どん底まで落ち込んでしまいました。

 

そんなどん底からどうやって彼と復縁することができたのか。

今、あなたが「やっぱり元彼がいい。彼と復縁したい」と思っているのであれば、ぜひ読んで復縁の役に立ててみてください。

復縁体験談を読んでみる

 

 

 

【↓ブログランキング参加中!クリックで応援お願いいたします!】

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です